レンタルオフィス

ブラインド

一般的に住居や事業者用物件を問わずに、賃貸物件を借りる時には審査があり、入居希望者の家賃支払い能力や、適正などが調べられます。
事業者ですとその業務の内容や社歴なども審査の対象となります。
このように貸主は審査を行い、借り主が信頼できるか調べますが、これは借り主に関しても行うのが理想です。
不動産物件オーナーといえども、経営に問題があって破綻後に所有物件が競売にかけられるといったケースも現在では珍しくありません。
その場合は借り主は敷金の返却請求をしたりと非常に面倒な事態に陥ります。
そのため貸主の与信に関しては注意深く調べておくことが重要です。
法人の貸主なら、企業の経営実態を与信管理情報などから調べることができるので、賃貸オフィスを借りる時には与信を調べておくことが勧められます。

礼金や敷金や日本国内では関東と関西では違いがある他に、地方ごとによってもそれぞれ特色があり、その相場に関しても違いが地域ごとにあります。
賃貸オフィスの場合は通常敷金が賃料の2ヶ月分、礼金も同じく2ヶ月分の物件が多くなります。
また更新料は賃料の1ヶ月分が相場です。
しかしこれはあくまで目安であり、先述のように地域によって相場が変わってくるため、賃貸オフィスを借りる時には、その地域の金額相場などの知識を持ってから物件選びに臨むのが理想です。
敷金に関しては特によく知っておくのが望ましく、物件によっては敷金の一部が償却にあてられるケースがあります。
つまり敷金の一部は退去時にも戻ってこない賃貸オフィスもあるので、よく確認しておく必要があります。